濃厚はんなり~ゆるりと発信できること

毎日のちょっとした出来事や役に立つ知識、情報をゆっくりしたペースで書いていきます。 日頃仕事で忙しく心に余裕がない方に、ほっこりしてもらい、健康に役立つ情報を中心にちょっとした役立つ知識をご紹介します。 あせらず行きまひょか。

ちょっと役に立つことを発信できたらいいなと考えています。

既往歴がたくさんある父が入院しました。
メインの病気は「パーキンソン病」です。

でも今回入院したのは、脳梗塞です。
幸い大きなダメージではなかったので、目立った麻痺はなかったのですが。

既往でパーキンソン病のほかに、腎不全による透析をしています。
これがけっこう大変で、脳梗塞で入院中に透析もしないといけないわけです。
普通の脳外科ではとってくれない。
透析もするなんて。

これも運よくいままで透析で通院していた病院が、受け入れてくれました。

でも内科病棟なんですけどね・・・・

まあ、贅沢はいえません。


家族としては本当にありがたいのです。

さて、目立った麻痺はないとしても、既往のパーキンソンからくる振戦がひどくて、特にお箸を持つ右手がプルプルと震えます。

父は自分でご飯を食べているのですが、振戦のため、スプーンですくった食べ物がよく落ちます。

あと入院していることで、認知も落ちることが予想されます。

どうなることやら、在宅に戻れるのか?

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。





皆さんは読書していますか?


特に社会人になると、まったく読まなくなるものです。

え、読んでる?

それは素晴らしい。

読書は脳に良い事なのです。いい刺激になるんです。

それだけではありません。
自分の知らない知見やノウハウを手にすることができるのです。
読書をすることで、どんどん自分が賢くなっていきます。

できればさまざまなジャンルの本を読むことをおすすめします。
自分の好きなジャンルの本って、読むじゃないですか。
でも興味のないジャンルやいままで意識しなかったジャンルって、なかなか読まないですよね。
でもね、読書はそういうジャンルも読むことをおすすめします。

それはなぜかって?
読書は自分の知らない知見やノウハウを手にすることができるって書いたでしょ。
それが答えです。

幅広い知識を手にすることで、人間としての幅も大きくすることができるのです。

なので、できるだけいろんなジャンルの本を読むことをおすすめします。


あと、「お金がないー」とか言って本に投資しない人がいます。
これもよくない考えです。
なにも貧乏になるほどお金を使えということではありません。

これは自分に投資なのです。
投資しないと未来も豊かにならないのです。
なので、無理なく自分でできる範囲の投資をするべきです。

本への投資によって、未来の自分がより大きく、豊かになれると思います。
それは投資をしない人と比べて、あきらかに賢くなれるから。

投資をすることで、本を読まない人と比べて知識の量が圧倒的に違うのです。
これは優位に立てる条件でもあります。

まずは自分ができる範囲で本を買って読みましょう。
自分で買うことがミソです。
人から借りるとかもらうとかでは、身に付きにくいです。
勉強は自分の懐を痛めてこそ、身につくのです。

買わない人はこれからも買わないでしょう。

でもしっかり本を購入する人は、必ず得します。
これは間違いないことです。

雑誌もいいです。
単行本もいいです。持ち運びしやすいですしね。
流行本も読んでみてください。

こうしていろんな本を読むと、老害予防にもなります。

世間の動きも知れるからです。
老害は新しい考えや知識などを取り入れていない高齢者によくあることです。

モノの価値を知らないから、新しいことにチャレンジする意義や意欲が生まれないのです。
本を読まないから、自分と違う考えに寄り添うこともできないのです。

だから将来、あなたが「老害」と呼ばれないように、やっぱり今から本を読みましょう。












世の中にはさまざまなSNSがあります。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムはその代表ではないでしょうか。
これをやらない人って、けっこう周りにいるんです。
なんでやらないんでしょうね。
やればいいのにって、いつも思います。

だって、やらない理由ってないじゃないですか。
タダだし、自分のやりたいときにやれるし、辞めたきゃいつでもやめれるし、自分の知らない世界を知れるし、勉強になるし。
これって、すごいことです。
なのに、なんでやらないんでしょうね。

まあ、人には相性がありますから、こういうものに価値を見出せない人もいるのでしょう。

これは非常にもったいないことです。

あと、フォロワー数が増えると影響力も手にすることができるのです。

有名な人はツイッターのフォロワー数がすごい数ですよね。
有名ブロガーの人もすごいフォロワー数です。
このフォロワー数が、「稼げるブログ」にしてくれている側面もあります。
SEOだけでなく、SNSからの流入も無視できないのです。

たとえば、超有名プロブロガー「イケダハヤト」さんは、今現在、ツイッターのフォロワー数が約19万人いるんです!
19万ですよ!
すご!

でイケダハヤトが言っているのは、「19万フォロワーいれば、何でも売れる」
これってすごいことです。
しかもすごく説得力があります。
19万人ってちょっとした都市ですよ。
その住民全員に自分の発信が届くんです。
そりゃあ、誰かは買うでしょ。


もうね、これだけでもツイッターをやる意味はあります。

フォロワー数を増やすことは、ビジネスになるんですね。
これもイケダハヤトさんから教わったことです。

本当に勉強になります。

ブログを書いている人は、ぜひツイッターもやるべきです。

そこまでアクセス数を気にしていないよ、という人ならいいのですが、
ブログのアクセス数を伸ばしたいのなら、SEO対策だけでなくSNSもするべきです。

どうですか?

いままでSNSをやったことがない人、やりたくなりませんか?

大丈夫です。いまからできます。
しかもタダです。
やっても何もリスクはありません。
だから、こわがる必要もありません。

難しく考えないで、まずはやってみることです。
いいから、やりましょう。


まずはツイッターやインスタグラムから始めるのがいいかなと思います。

周りに必ずやっている人がいるからです。
だって、分からない事を教えてもらいやすいでしょう。
なので、まずはこれをやってみましょう。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。




残業は日本のサラリーマンでは、当たり前のように残業をしています。
残業をしていると、「がんばっている」という印象を周囲に与える。
これは日本の考え方であって、海外では通用しません。

アメリカだと残業をするということは、
「できない人に、ご褒美をあげる」ということなのです。

定時までが勝負なのです。定時までに自分の仕事を終えられないのなら、効率が悪いということなのです。
自分の評価がさがるのです。

日本と考え方が違いますよね。

でもこれからは、昔のように遅くまで残って仕事をしているのが偉いということはなくなってくると思います。
皆さんも定時で帰れたらうれしいでしょう?

答えはもう出ています。

できるだけ仕事を効率化して、やならくなてもいいものはやらないように改善して、定時で帰りましょう。
それをクドクドと文句を言う上司のほうが、おかしいのです。

↑このページのトップヘ